英会話スクールで英語を勉強するメリットと選ぶポイント

スクールのアクセス

アルファベットのカード

英会話を学ぼうと思うきっかけはいろいろあると思いますが、目的は外国人と会話を出来るようにすることです。会話ですから、人対人で話をすることができる、ということが必要です。
まずは母国の人、つまり日本人と普通に会話ができることが大切です。普段の会話でいかに話題を豊富に持っているかで「会話」がスムーズに進みます。
また、会話を広げることができる「受け方」も必要でしょう。これらはどんな言語でも人と会話するためには大切なことです。
次に外国人と物おじしないで話をすることができるようになっておくことです。外国人と日本人とは文化の違いなどから考え方が異なる部分は多くあります。
それを実際に外国人と接することで身近なものにしておくことが必要です。日本人教師に英語をきちんと教えてもらうことは必要ですが、外国人講師と頻繁に接することができると、日本人とは違う文化の人と話をするときの話題や話し方など、体で感じるものを学ぶことができるでしょう。
外国人と対等に会話をする、という度胸をつけておくことが大切なのです。

行く度に外国人講師とサロン形式で話ができるというスクールもたくさんあります。知っている表現を使いながら、外国人の生の英語を聞いて耳を慣らし、実践的な英語を学習することができるという点で、とても有意義な学習方法と思われます。
しかし、注意する点もあります。日本人講師並みに日本語が理解でき話せる外国人講師であれば問題はありませんが、そうでない場合、分からない文法的なものなどが曖昧なままになってしまう可能性がある、ということです。
分からないことを日本語で聞いて日本語で返ってくれば分からないことはとことん聞いて、百パーセントの理解につながります。しかし、英語だけでのやり取りでは限界があります。
その様な部分を補うためにも日本人講師に教えてもらう場面も必要です。日本人は日本語を聞いて育ってきました。
周りに聞こえる言語は日本語です。ネイティブの赤ちゃんが英語を聞いて自然に話せるようになるのとは明らかに環境が違います。
その違いを補うのが文法であり、理論的な説明なのです。ある程度文法を理解して学ぶ方が日本人には近道です。
会話のためにも、理論を学べる環境が整っているというのも大切なことです。