英会話スクールで英語を勉強するメリットと選ぶポイント

講師の質

応援するビジネスマン

現在、英会話を学ぶための場所はたくさんあります。
ネットで検索するだけで、たくさんの件数がヒットします。
私も子供に英会話を習わせたく、検索しましたが沢山のスクールがでてきました。
また、スクールに通わずとも自宅にいながらもスカイプを使い英会話を習うこともできます。
英語を身につけるためには、できるだけ会話することが一番だとは思いますが、自宅でそのようにすることはなかなか難しいです。
私のように中学から始まった英語の授業で苦手意識を持ってしまい英語嫌いになるのはよくないことだと思います。
自分の子供たちには、英語を好きになってもらいたいということもあり、幼少の頃から遊びを通しながら身につけられる英会話スクールに行かせています。

現在、グローバル人材として活躍するためには、語学力とコミュニケーション力が必要だと言われています。
私が小学生のときには小学校の授業で英語はありませんでしたが、平成23年度より新学習指導要領が実施され、第5,6学年で年間35単位時間の外国語活動が必修化されました。
現在は、歌やゲームを通して英語に親しむやり方ですが、これが、前倒しになり3,4年生から外国古語活動が始まり、5年生からは正式教科になるそうです。
このように、以前は中学校から始まっていた授業がだんだんと前倒しになってきています。
それだけ、早く始めれば早いほど効果が高いようです。
子供の英会話の先生に言われましたが、親が今から覚えようとするとなかなか覚えれません。
しかし、2,3歳の子供が覚えようと思うとすぐに覚えられると言われました。
今からの子供たちにとってよりよい教育を進めていってほしいと思います。